お金を借りる方法

お金を借りる方法

お金を借りる方法と考えて何が思い浮かびますか?まず、最初に思いついたのは、消費者金融からの借入では無いでしょうか?そして次には、クレジットカードからのキャッシングだと思います。

 

実際お金を借りる方法は、たくさんあります。銀行からお金をかりることもできますし、友達や親、身内、同僚、知り合いからもお願いすればいくらかでも借りることはできるでしょう。

 

しかし、最もリスクが低く、安心してお金を借りる方法なら、消費者金融のキャッシングカードローンへ申込みすることが一番なのです。

消費者金融なら申込み当日に借りることができます!

消費者金融のメリットは、申込みしたその日に借りることができる点です。友達や、親、知り合いなどに借りる場合は、電話をして、さらには直接会って、お金を貸してほしいと頼む必要があります。

 

その時間を考えれば、例え1万円でも借りるのに、最低でも何時間も時間を費やさなければならないでしょう。

 

しかし、消費者金融では、インターネットから申込みだけしておけば、自分自身は仕事や他の事をしていても勝手に審査をしてくれます。しかも、審査時間は早い会社であれば、最短で30分と驚きの早さです。

 

30分という時間は、友人にお金を貸してもらおうと思って、電話で費やすぐらいの時間です。要するに、お金を借りる場合は、友人などに借りる前に消費者金融で申込みしておけば、すぐに結果がわかるのです。

 

その為、まずは、消費者金融へ申込みして、結果を聞いてから次の行動に移すことが最善の方法なのです。

銀行は審査時間が長い

消費者金融から借入するのが抵抗がある人は、まず銀行融資を考えるでしょう。しかし、銀行の融資は消費者金融に比べ非常に審査時間が長く、そして審査も厳しいのです。

 

銀行は最近になって個人向け融資の銀行カードローンを発行しており、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックであれば、インターネットから申込みすることで、最短30分で審査結果が分かります。

 

ですので、銀行融資を第一希望とするならば、まずはバンクイックに申込みすることをおすすめします。

 

銀行融資のメリットはやはり金利が低いことです。しかし、今の銀行カードローンは消費者金融と比べて低金利なのは確かですが、そこまで圧倒的に低金利かと言えばそうでもありません。

 

事実、アコムは18.0%の金利で50万円ほど借りることは可能ですが、バンクイックは14.6%です。その差は、3.4%になります。

 

この3.4%が大きいのか、小さいのかは、その人次第ですが、借りる金額が50万円ならば、そこまでの金利差はあまり大きくは無いと言うことができるのです。

 

しかし、どうても1%でも金利が安いところからお金を借りたいのであれば、審査が遅く、厳しくても銀行カードローンへ申込みするべきなのかも知れません。