即日融資キャッシング

カードローン即日融資

カードローン即日融資を申込みするならばまず、午前中にするべき。

 

その理由は審査に時間が掛かるからに他ならない。

 

カードローン会社の多くは、最短30分で審査完了と謳っているが、あくまでこれは最短の場合であり、あまり信用しない方が身のためである。

 

断りの審査結果ほど早く出る傾向がある。それは指定信用情報機関からの信用情報で8割は審査結果が出ると言われているカードローン会社の特長でもある。

 

信用情報を上げただけで断りになる人は半数以上ではないか?

即日融資不可な人の傾向

信用情報で以下の人はほとんどが即断りになるだろう。

  • 他社の支払を1日でも延滞している場合
  • 債務整理や自己破産を過去にしたことがある人
  • 過去に消費者金融へ3か月以上支払を滞納したことがある人
  • 今までにカードローン会社より訴訟などの法的手続きを取られたことがある人
  • 住所・勤務先を転々としている人
  • 申込みに嘘の申告を書き、それがバレタ人

即日融資は顧客が早く借りたい!と強く思っていることだと思うが、カードローン会社も、無駄な審査はしたくないので、貸せない人は早く断りたい!と思っているのである。

 

そのような中、「どうして借りられないんだ!」と審査に落ちた腹いせで激怒してくる輩が中にはいるのである。

 

しかし、カードローン会社は即日融資というか、融資自体不可の理由を顧客には絶対に言わない。

 

あくまでも、当社の審査基準に沿わなかった。その審査基準は答えられませんと言うのである。

 

「どうして借りられないんだ!」と怒る人も、実はクレームを言ったところで借りれるとは思っていない。

 

ただ、もしかしたら借りれるかも?と期待して待っていた時間が無駄になったことが一番腹立たしいのである。

 

でも、カードローン会社はそんなことは気にしない。

 

ロボットのようにひたすら無理ですと繰り返し、悪いことはしていないのに謝り続ける。これがカードローンの事務員なのである。

 

事務員でも対応ができない場合は、上司に電話を代わることになるが、99%結果が変わることはありえない。

 

カードローン即日融資ができないと言われてもクレームをしても即日融資ができるようにはならないのである。